それぞれの魅力

貝や流木と部屋の鍵

特に若い世代で賃貸住宅に住むことになる場合、予算などの関係から、どこかしらパーフェクトとはいかない物件に住むことになりがちです。
その要因としては、特に都市部では、狭さや収納スペースの不足などが挙げられることが多いものです。
ワンルームなどですと、いわゆる三点式のユニットバスで、狭かったり、収納スペースがほぼ無いこともあります。
この辺りに関しては、便利な商品が多数市販されていますので、必要に応じて採り入れてみると狭さからくる不便を解消できることも多々あります。
狙い目としては、家具などに特化したカタログやネット通販や、大型の量販店などです。
また、冬場に湯量が限られていて追い焚き機能がない物件などの場合には、お風呂用の湯たんぽなども市販されていますので、こういったものを利用すると快適度が上がります。

もともと賃貸に出すことを想定して作られた物件ですと、どうしても投下資本を早く回収したいという思惑から、分譲用の物件とは設備などの面で差が付いてしまうことが多いものです。
しかし現在では、定期賃貸借などの普及で、分譲物件も賃貸に出されていることもありますし、それに伴って、賃貸物件も質を上げないと空室が出来てしまうことになり、以前よりはだいぶ改善されています。
また、現在の取り組みとして、一定の限度までのカスタマイズを許可している賃貸物件も現れています。
このような物件では、退去時にクロスを張り替えることを前提にしていて、画鋲などの使用を認めるといった場合も多いです。
さらに、先の震災を受けて、自転車を利用する人も増えたことから、駐輪場付きの物件も増えています。