ボトックス注射を受けて悩みを撃退【効果を知っておこう】

注射だけでキレイになれる

ウーマン

効果の高い美容治療

ボトックスは、ボツリヌストキシンというタンパク質から作られる医薬品です。高い安全性が認められ、すでに世界各国で様々な治療に使われている薬剤。日本でも厚生労働省が国内で唯一認可を下ろしていますので、その安全性は納得できるでしょう。作用としては、筋肉に信号を伝達する神経に働きかけ、局所的に弛緩させるというものです。人間は筋肉を動かす時に、神経がアセチルコリンを分泌し、脳からの刺激を伝えます。このアセチルコリンが過剰に出ると、筋肉が必要以上に収縮し、深いしわを刻むなど美容に悪影響を与えます。ボトックスはアセチルコリンの分泌を抑え、筋肉を弛緩させるのが特徴。必要な個所に必要な量を注射器で注入するだけで、アプローチしにくい筋肉に直接働きかけることが出来ます。眼科や神経内科の医療現場で治療に広く使われている薬剤ですが、美容治療においてもその効果は発揮されます。注射するだけでメスを使わずに美容効果を得られるため、いわゆるプチ整形としても世界的に人気。すでに10年以上の実績があり、世界で1,000万人以上が美容治療を受けていると言われています。ボトックスを開発したアメリカでは、すでにメイク感覚で治療が行われていると言われるほどポピュラーなものです。そもそもボトックスというのは薬剤の商品名で、アメリカのアラガン社の商品。同様の作用を持つ薬剤にはイギリス製のものや韓国製のものなどがありますが、日本の厚生労働省が認可しているのはボトックスのみです。注射による局所的な治療なので、他の筋肉に影響を与えることなく治療が行えるのが利点。持続期間には限りがありますが、定期的に治療を受けることで良い状態を維持することが可能です。ボトックスで得られる美容効果は幅広く、現在では美容クリニックで様々な治療が行われています。筋肉を局所的に弛緩させる作用を利用して、深く刻まれたしわを改善することも可能。狙った範囲だけに作用させることが出来るので、眉間や目尻に注入すると、その部分の気になるしわを改善する効果が得られます。また、近年とても人気が高いのが顎のラインをシャープにするフェイスラインのスリミングで、エラ部分に注射することで小顔効果を得られます。エラ部分には食べ物を噛む時に使う咬筋(こうきん)という筋肉がありますが、ここが大きく発達していると顔全体が大きく見える場合があります。メスを使うことなく顎のラインを整えることが出来るため、非常に人気の高い施術です。また、ふくらはぎなど痩せにくい部位に注射することで、筋肉の張りを減らし、部分的にスリミングすることも出来ます。スリミングの施術には脂肪吸引などもありますが、大きく見える原因が脂肪ではない場合もあります。脂肪ではなく筋肉に働きかけることが出来るのが、ボトックス治療の一番の強みと言えるでしょう。施術は注射のみなので10〜15分程度で済みますし、ダウンタイムもほとんどないため日常生活に支障が出ることがありません。徐々に効果が出るので周りにも気づかれにくく、自然にキレイな状態を得ることが出来ます。理想の状態になるまでは、注入する量をコントロールしながらデザインを整えて行く治療になるのが一般的です。状態が安定すれば、後は定期的に通院して注射を続けるだけなので、誰でも気軽に美しくなれる整形と言えるでしょう。

Back to Top