副業に向いている

マンションの窓のアップ

賃貸物件を借りたことがない人には言ったいくら位借りる際にかかるのかといったこともよくわからないことの一つです。
そのため予算を過少に見積もったりして契約の際に痛い目を見ることも少なく有りません。
実際のところ、賃貸物件を借りるのにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
賃貸物件を借りるのにかかってくるのはいくつか項目がありますが、その中でも敷金がある場合にはそれが一番大きくなる傾向にあります。
敷金は退去時に何かあった際に使うお金を前もって支払っておくもので、家賃の2倍から3倍が相場です。
また家賃の2ヶ月分程度の礼金を支払うこともありますが、これは次第になくなってきています。
それとともに仲介手数料があります。

仲介手数料は家賃の半額から2倍程度が目安ですが、これも物件によって変わってくるので柔軟な対応が必要です。
それとともに鍵の交換料がかかってきます。
コレが意外と高く付き、3万円程度が相場です。
自分で交換するといえばコレは無くせることもあり、交渉の余地はあります。
その他にかかってくるのが保証人を代行してもらうのであれば保証人代行料です。
これは5万円程度見ておけば十分でしょう。
それと前払いの家賃を追加すると、代替契約する物件の家賃の5倍程度の金額を見ておけば良いでしょう。
勿論コレは物件によって違ってきますし、最近は礼金敷金もないというところもありますから、そういった物件をお得に利用することで更に安くなるのです。